足音が気になるなら防音対策を業者に依頼しよう

境界を共有するマンション

つみき

気になる子供の足音

小さな子供と一緒にマンションに住んでいると、気になるのは子供の足音が階下に響いていないかということでしょう。走り回る子供の足跡は、よほど防音に優れた建物でもない限り、階下の部屋に届いてしまいます。そして、こういう問題は甘く見ているとこじれて大騒動に発展することも少なくありません。そうならないために防音対策を考えてみましょう。小さな子供が騒ぐのは仕方ないことですから、騒いでも大丈夫なように対策するのが得策と言えます。方法としては、防音マットや防音効果の高いカーペットを敷くものから、床下まで手を加える大掛かりな防音工事までいろいろな対策が考えられます。騒音の状態や費用対効果などを考慮して、適切な対策を考えてみてください。

効果的な対策は

まず簡単な対策としては、防音マットを床に敷き詰める方法がありますが、あまり高い効果は望めません。その理由は床全体が共鳴して音を増幅してしまう可能性があるからです。効果が高い対策は、床と建物の構造体の間に防音材を挟んで音を伝わりにくくしながら、床に響くのを抑える方法です。単純に床下などの隙間を防音材で埋めたとしても、鉄筋の構造体が音を伝えてしまっては埋めた防音材は意味がないということになるのです。ただし、この対策にはかなり大がかりな改装工事が必要になります。実際には改装可能かどうかなどマンションの事情によって取れる対策は変わってきますので、自分だけで悩まず防音工事を請け負うリフォーム業者に相談してみてはいかがでしょうか。

快適な生活を手に入れよう

室内

防音工事とは、部屋から漏れる音を抑える為に施す工事の事です。楽器演奏や音楽鑑賞などを楽しんだり、音のトラブルを回避する為などの用途で利用されています。ヒアリングしてくれる防音施工業者に頼んで、自分の用途に合わせた防音工事をすると良いでしょう。

読んでみよう

集中と安心できること

部屋

本格的にピアノを練習するのであれば、何時間も練習する必要があります。何時間も練習すると近所に音で迷惑がかかるかもしれないと注意することが大切です。防音室を作ると安心して練習できるためお勧めです。しっかりと対策しておくと集中して練習できます。

読んでみよう

思いっきり演奏するために

女の人

ドラムの音を小さくするための防音工事ですが、新築と既存住宅では、工事内容に大きな違いが見られます。防音工事は内容によってそれぞれ効果が異なるため、どの様な響き方を求めるのか話し合い、慎重に見極める必要があります。

読んでみよう

こちらもおすすめ

  • 防音第三者なび

    質の高い防音工事をしてくれる業者を効率よく探すために専門の仲介サイトを利用しませんか。全国どこでも条件に合った会社を紹介してくれますよ。