思いっきり演奏するために|足音が気になるなら防音対策を業者に依頼しよう

足音が気になるなら防音対策を業者に依頼しよう

思いっきり演奏するために

女の人

趣味でドラムを始めた、バンドマンで日夜レッスンを繰り返しているなら、防音工事を施す必要があります。工事を行わないと、一緒に暮らす家族だけでなく、周囲の住宅へも迷惑をかけるため、騒音を無くす工夫が求められます。ドラムの音は大きく響くという特性があるため、音を吸収して和らげるための防音対策を施すと良いです。新築に防音工事をする場合は、床や壁や天井に防音処理を施すため、外部からは分かりにくく綺麗に仕上がります。既存住宅に施す場合は、パネルを新設したりマットを置く事で防音対策を図るため、見た目に分かりやすいです。どちらの方法も音を小さくするには有効なため、自分の好きなスタイルを選択する事ができます。

ドラムはバチを叩いて音を出しますが、強く叩くため音が響きやすく、床や壁を伝って振動を感じる事があります。防音工事ではこれらの悩みを解決する必要があるため、どの様な効果を求めているのか、明確にする事が大切です。ドラムの音を小さくしようと施した工事であっても、防音の内容によってはドラムの音が変わる事があります。これは音の伝わり方が変化したために起こる作用であり、工事前と後では音の出方に明らかな違いが出ます。音を小さくする工事と、音を和らげる工事、音を留める工事等が防音工事にはありますが、それぞれ効果が異なります。ドラムの特性を理解しながら、どの様な響き方を求めるかで、施工内容が大きく変わるため、慎重に見極める必要があります。